プレスポ乗りの自転車生活日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 第9回高取城・戦国ヒルクライムの参戦レポート

<<   作成日時 : 2017/08/22 23:48   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

8/20(日)に奈良県の高取町で開催された
第9回高取城・戦国ヒルクライムに初めて
参加してきました。

公称の走行距離6.7q 標高差404mで
20分前後の短いレースではありましたが、
参加者はトータルで150人に満たない規模
ですが、レベルの高さを実感させられ
ました。

私の中では満足度が高くない結果になって
しまったので、簡単にまとめてみます。

睡眠時間は約5時間で午前3時半に自宅の
ある福井市を出発しました。
移動距離が約270qで休憩込みでほぼ3時間
半で受付場所の高取町役場へ到着しました。

受付までの1時間を利用してホイールを装着
して、ローラーを持っていないので町役場近く
の短い坂道を15分ほど走ってアップにしました。
心拍数は140弱とレース中のレベルまでは
上げていません。


開会式前の光景です。

画像


関西で開催されるヒルクライムレースという
ことでSakatani、Sunzoku、FRATの
チームジャージが目に付き、特にFRAT練の
方はブログの写真でお見掛けする顔と名前
が初めて一致したので新鮮でした。

今回の高取城・戦国ヒルクライムはMTB
のカテゴリーも設けられているので来月
の大台ケ原を見据えてMTBクラスで出る
選択肢もありましたが、厳しいと予想
されるロードのクラスでエントリーしま
した。

レース展開についてはスタート後の
平坦・緩斜面は抑えて走り、優勝候補
であるIさんやNさんを目標にして走ろうと
漠然と考えていました。

スタート後は30人くらいの集団の後方
に居ましたが、少しずつペースを上げ
ました。
スタート後に今年のレースで連勝中のIさん
がメカトラで一旦下がったものの数分も
経たない中に抜かれてしまいました。

橋を左折して少しの間はSunzokuのNさん
が見える位置で走れていました。
この時点での順位は把握していません
でしたが、3位だったようです。

そこから徐々に遅れだして道が狭くなって
斜度が上がってからはゼッケン87番の方
(3位でした)に抜かれ、レース中盤から終盤に
掛けてゼッケン104番、105番の方に
抜かれてゴールするという展開としては
冴えないものでした。

入賞に絡むような順位ではなさそうでした
ので、終盤の下り区間もブレーキを効かせ
過ぎたのかゴール前の最後の上りはヘロ
ヘロで20分前後のレースとしてはきつく
感じました。

ゴールして靴を履き替えて城跡に登った
所の写真です。
画像


レース中は暑かったですが、山の上の
城跡は風が吹いて涼しかったです。
ここでは伊吹山以来でお会いした
まっちさんと話をしました。
私よりも50秒近く速いタイムでしたが、
順位はロードBで6位と年齢の幅が
10歳近いクラスの厳しさを現して
いました。


下山後に高取町役場に戻るとリザルト
が出ており、順位は男子ロードCクラス
で6位/30人中でした。
2年前まで6位以内が表彰対象でしたが、
昨年からは3位以内が表彰対象との
ことで入賞には至りませんでした。

タイムは18分55秒となっていましたが、
サイコンのラップタイムと比べると1分半ほど
速く、GPSタイマーの誤作動が原因で
タイムが1分35秒の誤差があり、正式には
20分29秒945でした。

1位はIさんで18分42秒、2位はNさんで
19分21秒と全国区のレースでも優勝
や入賞されている方の速さを実感した
次第です。

私が走った男子ロードCの表彰式
の写真です。

画像


MTBクラスはYAMADAさんが1位で
2連覇だったようです。

画像


お会いしたのは昨年の伊吹山以来
で約1年半ぶりで声を掛けて頂き、
色々な話ができたことで参加した
甲斐がありました。

Stravaのリンクを貼っておきます。


今回の結果を自分なりに総括すると
エンジンである私が弱いことに尽き
るのですが、他の要因を挙げてみます。

@8月の暑い時期のヒルクライムレースへの
適性が高くない

2週間前に参加した枝折峠ヒルクライムでも
暑さにやられた対策としてスタート前の
給水量を約1.5L摂り、塩分補給のタブレット
も過剰に摂ったのですが、走り出して発汗が
急に増えるとペースダウンしてしまいました。

水分の摂取量が少なかったのか、30℃前後
の気温で走ることへ体を慣れさせる必要がある
のか判断難しいです。

A体重が重い
起床時の体重は56.0sと昨年や一昨年の
調子の良い時期と比較すると2s近く重いです。
163cmの身長を考慮すると54sでも重い
かもしれませんが、食欲を抑えられない
弱さが出た結果でした。

2週間後のライドアクロス黒部、3週間後の
大台ケ原と今シーズンの残り2レース
については目標体重に近づけたい所です。

B急斜面が遅い
序盤の平坦・緩斜面で脚を使ってしまった
のかもしれませんが、急斜面で我慢でき
ずにペースが落ちてしまったことを考えると
相対的に遅いと思います。

レースを走った方の動画を見て予習はしたものの
試走なしで本番に臨んだのは試走の機会
の多い関西の方と比べて不利かもしれませんが、
根本的に自分が弱いと考えています。

前回の記事で書いた手組みのレース用ホイール
に関してですが、前後で400g近く軽くなった
効果はあったと思います。
初めてのコースで比較対象がないので
どの程度タイムに寄与したかは不明です。

走り慣れたコースで改めて比較してみたい
と思います。

枝折峠ヒルクライムに続いて高取城・戦国
ヒルクライムもロードバイクのカテゴリーの
厳しさを実感する結果でしたが、順位は
9位から6位と少しは進歩があったと前向き
に考えたいと思います。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れさまでした!
この時期のヒルクライムレースはきついですね、このコースは試走重ねてペース配分覚えればかなりタイム縮まる気がします。運営もとても気持ちが良かったので来年も出るつもりです、クラス分け年齢幅が大雑把なのでろーどCに上がればプレスポさんと直接競い合えますし(^^)
まっち
2017/08/28 23:12
短いコースで斜度の変化が激しい
ので試走のメリットは大きい
でしょうね。

暑さについては8月のレースは
どうしようもない感じがします。
スタート時刻を1時間でも早め
て貰えればもう少しましかな
と思いますが。

移動も片道3時間半と思った
ほどは遠くなかったので、
来年も出てみたいですね。
まっちさんとはタイム差が
大きかったので勝負にならない
かもしれませんが。

ペガサスウイング
2017/08/30 07:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
第9回高取城・戦国ヒルクライムの参戦レポート プレスポ乗りの自転車生活日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる