プレスポ乗りの自転車生活日記

アクセスカウンタ

zoom RSS つがいけサイクルクラシック2018の参戦レポート

<<   作成日時 : 2018/06/05 00:16   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

6/3(日)につがいけサイクルクラシック2018に参戦した
レポートをまとめてみます。

2015年から男子MTBクラスでエントリーしており、
2015年は4位、2016年は1位、2017年は2位という
結果です。

昨年は2016年に1位になったことでエントリー費用
と宿泊代(1名分)を大会の方で負担して頂ける
とのことで家族(妻と娘)旅行を兼ねて参加した
のですが、今年は昨年泊まった宿が予約で一杯
だったこともあって当日移動で参加した次第です。

今回は私の準備不足によるミスが2つあり、
午前3時に起床するつもりが目覚ましが3時半
の設定になっており、出発が30分遅れて
しまいました。

現地への移動は休憩時間を抑えて車の巡航
速度も少し上げることで受付開始時刻を
10分過ぎた午前7:10頃とリカバーできました。

体育館で受付を済ませて、ゼッケンと計測
チップを自転車に付けて、タイヤの空気圧を
入れて着替えようとした際にレーサーパンツ
を持ってきていないことに気付きました。


レースによってはレーサーパンツを穿いた
上から普通のパンツ(デニム、チノ)を
穿いたりすることもあるのですが、この日は
レーサーパンツを穿いていませんでした。

受付会場で出店しているお店はチェーン
オイル関係だけでウェア類を扱ったお店
はなく、ゴンドラの乗車駅の近くのお店で
は帽子と防寒具しかないとのことでした。

他の参加者にレーパンを貸してほしいと
頼むのも変な話であり、穿いていたデニム
パンツは自転車通勤で使っていてストレッチ
が効いており、このパンツでも走れると
判断しました。
ヘルメットを忘れてDNSになるのと比べると
ましだと良いように考えることにしました。


アップに関してはウォームアップというよりも
スタート後の急坂区間が終わる直前〜温泉街
までの平坦・下り区間のフロントの変速を
確認しました。
変速の仕方によってはアウターに入れた際に
チェーン落ち気味になったケースもあった
ので、昨年同様にインナーで通すことに
しました。

その後は手荷物を預けてスタートを待って
いましたが、レーサーパンツではなく
デニムパンツを穿いているのが気恥ずかしくて
早くスタートしないかなと考えていました。

ゴール後に撮ったものですが、穿いていた
デニムパンツです。
画像



午前9時12分に男子MTBクラスのスタート
が切られました。
昨年まではマスドスタートだった気がします
が、今年はネットスタートということで
慌てずに後方からスタートしました。

アップが不十分だったのかスタート後の急斜面
は心肺が苦しく感じましたが、事前に発表
されていたエントリーリストの参加者を検索
した限りではズバ抜けて速い方は居なかった
ので焦らずにマイペースで行くことにしました。

一昨年2位のIさんと5位のHさんを目標に走って
いると少しずつ前を走る方を交わすことが
できました。
レース前には速そうに見えた赤いノースリーブ
のジャージを着た筋肉質の方にも早々に
追い付けました。

急坂区間を終えて温泉街に入るまでの平坦、
下りの地点で先頭を走っているらしき方の
との間隔が詰まったので、昨年と一昨年
と同様にペースを上げてIさんとHさんも抜
いて前に出るように仕掛けてみました。
Stravaのログでは41.4q/hまで上がって
いました。

この時点で恐らく先頭に立ったと考えて
いましたが、前を走っている方が居る
可能性も考慮してスキー場の区間を
走り始めました。

斜度の変化の少ないコースでは
ありますが、インナーロー(34-28T)を
使う区間も出てきており、楽ではあり
ませんでした。

レーサーパンツではなくデニムパンツを
穿いている影響がタイムにどの程度
現れているか分からないので、余裕は
ありませんでした。

中間点を過ぎた直後の九十九折の坂
で後方が見えたのですが、Iさんが私
から近い所で追走しているのが目に
入りました。

予想よりも差が開いていないことに
焦る気持ちはあるものの、焦って
ペースを乱すとタレて抜かれる可能性
が高いので、抜かれたら相手の方が
速いので仕方ない、レースウェアで
走る準備を忘れた自分が悪いと気楽
な気持ちで走ることにしました。

レースの中盤以降はパッドのない
デニムパンツでサドルの前乗り
で走ることでお尻が痛くなって
きたものの、デニムパンツを
穿いて10年前に34800円で
買ったクロスバイクをベースに
した自転車でロードバイクの
方を抜けるのが新鮮で気分は
悪くなかったです。

ヒルクライムレースを始めた
頃には50歳台のクラスで
上位を走っていたT田さん
を4分後からのスタートで抜け
たのは感慨深いものがありました。

予想よりも気温が高くて発汗
が多くなってきたので、失速
しないようにボトルからの水分
補給と高めのケイデンスで
走ることを意識しました。

終盤はゴール後に食べるものを
想像して気を紛らわせながら
ようやくゴールに着きました。
サイコンのタイムは1時間7分1秒
と昨年の1時間5分57秒からは
1分ほど遅れてしまいました。

レーパンを穿いて走っていたら
どの程度のタイムだったか
気になったものの、極端に
タイムを落とすことなくゴール
できたことを喜ぶべきかもしれ
ません。

ゴール後は栂池自然園の方まで
上って、お土産を買ってソフト
クリームを食べた後に下山
しました。

ゴール後に撮った写真です。
画像


画像


画像



下山後は昨年泊まったペンション「シャンツェ」
で家族へのお土産(ジャム、りんごジュース)
を買って、体育館でリザルトを確認しました。

順位については2016年以来の2度目の1位
でした。
2位は途中で差を詰められたIさんではなく、
Hさんが終盤に逆転したとのことでした。

今年は実業団のレースが併催されずに
ホビーのみの表彰式で少し寂しい感じ
はありましたが、賞状と賞品を頂けた
ので良い思い出になりました。

画像



Stravaの走行ログです。

レース中の心拍数平均159、最大166でした。

順位については参加者次第でプロのMTB
ライダーの方が参加されていなかった今年
と一昨年は運良く1位になれただけと考えて
います。

一週間前に立杉ヒルクライムと同じロード
の年代別であれば入賞圏内の6位以内を
確保できたかは怪しい感じで競争の激しい
カテゴリーで戦える実力があるかというと
自信はありません。

来年は30回の記念大会ということで招待
されるかどうかは別にしても来年も参加
したいと考えています。

長文、雑文を最後までお読み頂き、ありがとうございました。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
つがいけサイクルクラシック2018の参戦レポート プレスポ乗りの自転車生活日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる