プレスポ乗りの自転車生活日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2日連続のヒルクライムTTの自己ベスト更新(永平寺、国見岳)

<<   作成日時 : 2017/07/11 06:51   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

7/6(木) 1週間ぶりにロードバイクに乗り
ましたが、走ることに特化した自転車は
乗っていて気持ち良いことを再確認します。

プレスポもヒルクライムレースで走る時は
自転車通勤用の装備を外して、軽いタイヤ
とホイールを装着しているとまだまだ
軽快感はあるのですが、残念ながら
出せるスピードには差があります。

TTペースで走るのは4日ぶりということも
あり、緩斜面の一乗滝で様子をみました。



TT区間のタイムが上手く計測できていませんが、
他のセグメントのタイムから判断すると
5.1q 3%のタイムは10分40秒前後でした。
自己ベストの10分18秒には至らないものの
11分を安定して切る走力の基礎は築けて
いると考えています。

最近は平坦な所では出来るだけアウター
トップ(ロードバイクだと52-11T、プレスポ
だと50-11T)を使うように意識しています。

ケイデンスは50前後の頻度が高く、70を
超えることは少ないです。
ヒルクライムで90を超えるようなケイデンス
は使わないので、ギア比を高くしてペダル
を回した方がペダリングの練習になる
かなと考えています。

ヒルクライムレースでスプリント能力云々が
必要とされるのは乗鞍のチャンピオンクラス
でトップを争うようなレベルに限定される
ので、高ケイデンスで走るメリットは少ない
と思います。

7/7(金) 走り慣れた一乗滝や金谷トンネル
は自己ベストを更新したばかりで更にタイム
を削る自信はないので、少し足を延ばして
宇坂トンネルから永平寺まで行ってみました。

空気圧はフロント6.5barだと少し重い感じも
したので、前後7.0barのセッティングで
行ってみました。

前半の緩斜面区間はこれまでと明確な
差は感じなかったものの、後半の10%近い
九十九折区間は14〜15q/hと約1q/h
速くペダルが回せている感触があったので
何とか我慢して最後は立漕ぎを長めに
入れてみました。

Stravaの国道364号線climb(3.6km 平均斜度
6%)のタイムは11分0秒と1年前に出した
自己ベストを11秒更新していました。

順位は129人中6位(同じ人が重複している
ので実質は128人中5位)ですが、同タイム
の方を含めて上位の方はJBCFのE2や
ホビーのヒルクライムレースで入賞実績
あるので、KOMのタイムの9分54秒は
無理にしても10分台にタイムを入れたい
所です。



7/8(土) 前日に永平寺で自己ベストを更新
できた満足感もあって流し気味に走ろうかと
考えていましたがが、翌日の天候が崩れる
可能性も考慮してヒルクライムの練習をする
ことにしました。

長い距離のヒルクライムだと600m弱の標高差の
国見岳という選択肢になりますが、走り慣れた
裏ルートはタイムを縮まる自信がなかったため、
海側から上る表ルートを走ることにしました。

裏ルートが11.4qに対して表ルートは15.8q
と距離は長いですが、Rの小さいカーブを
含んだ下りもあるコースで、下りが苦手な
私には難しくて年に1、2回しか走っていません。
ちなみに今年は5月に続いて2度目です。

朝5時頃に自宅を出て、TTのスタート地点の
鷹巣側の二枚田幹線林道入口には6時過ぎに
到着しました。

画像


距離の長いコースは気分が高揚しませんが、
スタートしました。
コースの前半7.6qは上りが続き、そこから一旦
下りに入り、その後はアップダウンを繰り返し
ながら終盤に10%を超える斜度のきつい上りがある
構成で、下り区間で一息付けることを楽しみに
走ります。

2ヶ月前に走った際のスピードの記憶ありませんが、
タイヤの空気圧を下げたことと気温が上がった恩恵
なのか前半の上り区間は前回よりスピード出ている
かなという感触はありました。

上り区間が終わって待望の下り区間に入りますが、
下りのブレーキングやコーナリングが相変わらず
下手で情けない気持ちになります。
具体的にはブレーキを効かせて攻めていない
割に車線の左側をトレースできずにセンターライン側
に膨らんでしまいます。

下りの技術の進歩はないものの、下った後の上り
返しについては少し進歩があったかなと自己評価
しています。
これまではシッティングを維持したまま上っていましたが、
下りのスピードを出来るだけ殺さないように立ち漕ぎを
長めに入れつつギア比を下げるように走りを変えて
みました。

総合すると悪くないペースかなと判断しつつ終盤の
10%を超える急坂を過ぎた辺りで、この日の最大の
山場がやってきました。

5mほど離れた先にイノシシが道路に出てきて
止まっていました。
視線を切らずに止まらない程度のスピードまで
落として様子を見ていると谷側の方へ猪が去って
くれたので事なきを得ました。

猪と遭遇した場合には慌てて走って逃げる、大声
を出すのが最悪の選択で、イノシシを見ながら
後ずさりするのが襲われるリスクが小さいとの
ことです。

獣除けとしてサドルに鈴は付けていますが、
アピールとしては弱いようです。
冬場に走る際に携帯しているスマートフォンから
音声を流して獣除けとして走っていたのを
夏にも実行すべきことを実感した1日でした。

その後は特に何事もなくゴールに到着しました。

画像


画像


画像


下り区間で上手く走れなかったり、イノシシと
遭遇したタイムロスで自己ベストを更新している
自信はなかったのですが、TTのタイムは43分26秒で
自己ベストの45分15秒を2分近く更新しました。
前半の上り区間(stravaセグメントだと7.5q 平均斜度
6%)は24分1秒とこちらも自己ベストを1分16秒更新
していました。



表ルートのStravaでの順位は99人中7位でKOMの
39分55秒は到底出せそうなタイムではありませんが、
プレスポに乗っていた時には50分を切るのがやっと
だったことを考えるとロードバイクに乗っている影響
は大きいものの、それなりに速さが付いてきたの
かなと考えています。

自己ベストを更新できていることは基礎が付いて
きたとも考えられるので、無理せずに今のペース
でトレーニングを継続してみます。
本日も当ブログをお読み頂き、ありがとうございました。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2日連続のヒルクライムTTの自己ベスト更新(永平寺、国見岳) プレスポ乗りの自転車生活日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる