プレスポ乗りの自転車生活日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 温泉ライダー in 加賀温泉郷 2017(立杉ヒルクライム)の参戦レポート

<<   作成日時 : 2017/05/29 22:47   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

前回の記事では結果のみの報告でしたので、
レース当日の出来事をまとめてみます。

起床は朝5時でレースのスタートの約6時間前
で細切れながらも6時間弱の睡眠時間でした。
軽めの朝食を摂って、タイヤに空気を入れて
受付開始の2時間前の朝6時半頃に出発
しました。

雨雲レーダーを見ると石川県に入ってから
雨に降られそうでしたが、終日雨が降る
予報ではなかったため、受付会場の山中
温泉まで自走で移動しました。

車で移動する方が多数派だと思いますが、
アップを兼ねて上り坂で脚を使わないように
休憩を入れながらゆっくり35q走りました。

石川県に入ってからは想定していたよりも
強い雨に降られてしまい、靴下と七分丈の
タイツが濡れてしまいました。
雨に濡れた路面で軽量のフライウェイト
チューブを装着したタイヤがパンクしなかった
だけでも幸いで受付開始の8時半頃に
山中温泉に到着しました。

レース前は同じ車種自由のカテゴリーで走る
昨年2位のM田さんと2012年の丸岡の古城
グリーンロードレースで一緒に走ったことの
あるM崎さん、別カテゴリーになりますが
昨年DNSだったSakataniの梵天○さんとも
久々に話をさせて頂きました。

梵天○さんには昨年走ったレースの雰囲気
を伝えましたが、緩斜面よりも急斜面が
得意とのことで大台ケ原の激坂区間を
ゴールにして距離を短くしたこのコースとの
相性は良くなさそうとのことでした。

昨年の公式HPに載っていたコース図を
貼っておきます。
画像


9.6qの前半2/3の6.4qは平均斜度2%
とほぼ平坦で集団走行で脚を残して、
残り1/3の平均斜度8%の急坂区間からが
勝負というコースレイアウトになっています。

開会式・ライダーズミーティング前に雨の中
を少し走ってみましたが、体が温まる訳では
なくパレード走行やレース序盤をアップと
割り切った方が良いかもしれません。

ライダーズミーティングが始まる頃には雨が
上がり、陽が射してきました。
ウェアの選択としては半袖ジャージでレーパン
で正解でした。

山中温泉からスタート地点までのパレード走行
が終わって他のカテゴリーのスタートを待って
いる間にトップチューブに携帯ポンプを付けたまま
であることに気付きました。
ライトは外したのですが、その際になぜか
携帯ポンプには全く気付きませんでした。

数百gの重量がタイムに大きく影響する訳では
ありませんが、レースに不要なため着脱可能な
結束バンドで止めたホルダーごと外して
スタート地点近くの道路脇に置きました。
手間ですが、レース後に回収のためにスタート
地点へ戻ることにしました。

10:55に男子車種自由(エントリー8人で出走
は7人)、女子、ジュニア、電動アシストの部
の4つのカテゴリーで約30人が最後にスタート
しました。

マスドスタートでクリートを嵌めるのに少し手間取り
ましたが、脚を使うことなく先頭集団に追い付き
ました。
昨年は先頭を曳くことなく集団から仕掛けて
上手く行ったのを甘く考えた訳ではありませんが、
スタートから1qも走らない所で勢いで先頭に出て
みました。

1人でTTする時と比べると脚の消耗を抑えた
ペースで心拍数を確認すると140でした。
後ろを見るともちろん集団を引き離せるだけ
のスピードは出ていませんでした。

先頭交代を促すような経験はなく、このまま
先頭を曳き続けるのも不安なので少しペース
を落とすと同じカテゴリーで弱虫ペダルの
総北高校ジャージを着た方が勢いよく先頭
に立ちました。

失礼ながら弱虫ペダルのレプリカジャージを
着た人≠速い人という固定観念があった
のでノーマークでしたが、予想以上に速かった
です。

先頭を曳いていた距離は1qにも満たなかった
と思いますが、その後は中切れしないように
気を付けつつ集団の前目を走ることを意識
しました。
急坂区間に入る前はエンデューロレースの
経験豊富なミニベロの同じカテゴリーの
方を引き離す所か下手をすると引き離され
そうで平坦や緩斜面でのパワーは差が
ないことを実感した次第です。

急坂区間に入る直前で先頭を曳いていた
総北高校ジャージの方のスピードが
少し落ちた感じがあったので、前に出ました。
集団の先頭は総北高校ジャージの方と2年
連続の女子1位だったKさんが曳いている
時間が長かったです。

昨年はここから1人旅でしたが、今年は昨年2位
のDAHONのViscに乗るM田さんに一旦前に
出られました。
ここで慌てずにペースを上げるとM田さんと女子
1位のKさんを抜き返す形で前に出ました。

予想外だった出来事としては激坂区間に入る
かなり前にジュニアのカテゴリーの中学生に
抜かれてしまいました。

30歳以上の年齢差とロードバイクに乗っている
機材差を考えると速くても不思議ではなく、後ろ
から追い付かれることを気にするよりもその子に
追い付こうと考えて走れたので、良い目標に
なったかもしれません。

急坂区間に入ってからは先にスタートした
カテゴリーの方が増えてきてしまい、ジュニア
クラストップの子は見逃してしまいました。
ゴール後にタイムを確認すると約40秒の差が
付いていました。

後ろから追い掛けられている気配は感じなかった
のでセーフティリードを保っている感触はあった
ものの緩めずに走りました。
平均勾配11%、最大16%とされる激坂区間は
インナーロー(34-28T)で10q/h前後に落ちた
ものの立漕ぎせずにシッティングでクリアでき
ました。

激坂区間を過ぎてからはゴールしたら美味しい
ものを食べようと俗なことを考えながら走って
いると立杉見晴台よりも手前にゴールが
あることを忘れていて気付いたら通過して
いた感じでした。


レースに参加した証拠以上の意味はありませんが、
ゴール後の休憩ポイントである県民の森で撮った
写真です。
画像


ゴール後は同時にスタートした同じカテゴリーの
お二人と女子の1位のKさん、先にスタートした
Sakataniの梵天○さんと話をさせて頂きました。

梵天○さんは急坂区間から全力でアタックして
逃げ切れたとのことでした。
私が昨年走った情報が少しは役に立った
かどうか不明ですが、相性が悪そうなコース
でも1位になれるのはこれまでの実績や
経験の賜物で地力が高いと感じました。

梵天○さんのタイムは21分52秒とプレスポで走った
私よりも1分50秒速く、ロードバイクに乗り替えて
埋められる差なのか判断は難しい所です。

下山後にリザルトを確認した所、2位は
DAHONのViscに乗るM田さんでタイム差は
約1分、3位は総北高校ジャージを着た
方で約1分半のタイム差でした。

私のタイムは23分41秒で昨年よりも10秒
ほど遅いのが、気温や風向きのような
環境条件に起因するのか序盤のレース
展開に起因するのか判断は難しいです。



Stravaのセグメントでは後半の急坂区間に
相当する立杉峠(3.4q 7%)のタイムは
12分5秒で今月初めにロードバイクで試走
した時のタイムの12分24秒を更新できた
ことを考えるとベストは尽くせたと思います。
昨年のタイムは不明で今年よりも速かった
のかは知る由がありません。

なお、心拍数は平均150、最大164と最大値は
伊吹山の166よりは少し低いものの悪く
ない値と考えています。


表彰式での写真を載せておきます。
同時にスタートした女子のカテゴリーです。
2連覇されたKさんに3連覇を目指される
のか訊いてみましたが、移動が大変
なので現時点では考えていないとの
ことでした。
画像


40〜49歳のカテゴリーの表彰式です。
梵天○さんが持っているガラス製の
優勝トロフィーは特注品で持ち回りで
私も持たせて貰いました。
画像



表彰式の合間にStravaで相互フォロー
しているIさんに声を掛けて頂きました。
お会いするのは初めてでしたが、
爽やかな感じの方でした。

30〜39歳のカテゴリーで4位に入賞
されたのですが、声を掛けて頂いた
のが表彰式後で写真を撮れなかった
のが残念でした。

頂いた賞品をどのようにパッキングして
自走して帰るかを試行錯誤しながら
じゃんけん大会を全敗した後に帰路
に就きました。

昨年と同様に振る舞いで出された
いづみやさんのコロッケとメンチカツ
を妻と娘へのお土産に買って帰りました。
画像



優勝して頂いた賞品は半纏以外にはこしひかり1.5s、
メダル(ケース入り)、三段の漆器のお重、
ガラスのコップと様々ありました。

画像


画像


重くて嵩張るので自走で持って帰るのは大変
でしたが、贅沢な悩みですね。

同じ大会を2年連続して1位を獲るのは初めて
であり、購入から9年目を経たプレスポで勝てた
ことの達成感はありました。
しかし、参加者が昨年は11人、今年は8人と少ない
カテゴリーであり、来年は競争の激しいロードの
年代別で勝負する時期かなと考えています。

1年後のこともありますが、当面は約3週間後に
迫ったつがいけサイクルクラシック(MTBクラス
でエントリー)に向けて準備を進めていきます

長文・駄文を最後までお読み頂き、ありがとうございました。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
優勝おめでとうございます!
詳細なレポート素敵です、自走参加して大差で優勝てすごいですね(笑)
ペガサスウイングさんが9年もののプレスポでこの先どこまでやれるか楽しみにしています。
つがいけサイクルクラシック頑張ってください!
まっち
2017/05/30 22:37
まっちさん

ありがとうございます。
レポートは中身なくだらだら
書いているだけでもっと削った
方が読みやすいとは思います。

プレスポで出ることの可能な
レースは出たいですが、
まっちさんのように参加者が
多くてレベルの高い
ロードバイクのカテゴリーで
出る方が自分の経験値は上がる
と考えています。

今年中に1回はロードバイクで
出てみようと考えています。

まっちさんの方も富士ヒル
に向けて頑張って下さい。
ペガサスウイング
2017/06/01 06:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
温泉ライダー in 加賀温泉郷 2017(立杉ヒルクライム)の参戦レポート プレスポ乗りの自転車生活日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる