プレスポ乗りの自転車生活日記

アクセスカウンタ

zoom RSS プレスポの29er化検討(その2 フロントフォークとタイヤのクリアランス確保)

<<   作成日時 : 2013/08/02 07:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

先週Wiggleから届いたシュワルベのフュ−リアス
フレッド 29×2.00というMTB用の軽量タイヤを
プレスポに装着して29er化できるかどうか検討
しています。

http://38817311.at.webry.info/201307/article_20.html

29er化の目的としてはヒルクライムレースのMTB
クラスの規定で主流の1.9インチ以上の幅の
タイヤをプレスポに履かせてMTBクラスで出場
できる機会を増やすことです。

先週の段階では持っている700c用のホイールに
29インチのタイヤが装着できる所までは確認でき
ました。
ちなみにリムはKinlinのXR−240という一般的な
ロードバイク用のリムです。

実際にホイールを装着して走ってみた結果として、
フロントフォークとタイヤのクリアランスがギリギリで
走行するとタイヤの端のブロックパターンがフロント
フォークに接触して振動がハンドルに伝わって
きました。

画像


先週の段階ではブロックパターンを削れば
走れそうなことを確認して中断していたのを
再開しました。

ブロックの削り方ですが、単純にカッターナイフ
で削ることにしました。
削る前の状態です。
画像


削った後はこのようになりました。
画像


同じようなことをする方が居るとは思いませんが、
ホイールに装着して空気を入れた状態の方が
ブロックを削りやすいと感じました。

とりあえずタイヤとのクリアランスが狭いフロント
のみで走行に問題ないか確認してみました。
ホイールを装着した状態です。

画像


画像


近所をゆっくりとしたスピードで走ってみましたが、
フロントフォークとタイヤが接触することなくスムーズ
に走れました。
ブロックパターンを削るという選択が外れなくて
一安心という所です。
少し走った感じでは転がり抵抗が大きい感じも
するので今回削ったパターンの1つ内側の
ブロックも削っても良いかなと考えています。

ちなみに削ったブロックの重量はこのように
なりました。
画像

公称のタイヤ重量が360gということで4%ほど
の軽量化になります。
実際には軽量化よりは走行抵抗を減らす効果の
方が大きいと思います。

耐パンク性に不安があるので重くはなりますが、
ZefalのZライナーという耐パンク防止ベルトを
タイヤとチューブの間に入れて走ってみようか
と思案しています。
時間を見てリア側のタイヤもトライしようと
考えています。
本日も当ブログをお読み頂き、ありがとうございました。



クリックして頂くと、自転車に関する興味深いブログがあります。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あれこれと他の自転車に目移りもせず、本当にプレスポを大事に楽しくイジってますね。見習いたい。
ハレルヤ
2013/08/02 22:49
ハレルヤさん

コメントありがとうございます。
ロードバイク、MTB、ミニベロ等
乗ってみたい自転車はありますが、
焦って増やさなくても良いかと
当面は考えています。
楽しみを後に取って置こうかな
という所です。

今回はほとんどの方には無意味な
カスタムですが、消耗品を交換
しながら長く乗ることにこの
ブログが少しでも役に立てば
嬉しい所です。

拙い文章ですが、これからも
読んで頂けると有り難いです。
ペガサスウイング
2013/08/03 05:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
プレスポの29er化検討(その2 フロントフォークとタイヤのクリアランス確保) プレスポ乗りの自転車生活日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる